誰でも簡単に!
瀬戸漆喰はDIYでも施工できます。
漆喰って?
お寺や土蔵、古い商家などの壁をご覧になったことがあるはず。消石灰を主原料として、砂やのり、繊維質のものを加えて水で練って仕上げた伝統の塗り壁…これを「漆喰(しっくい)」といいます。5000年も前からエジプトやギリシャ、イタリアなどで使われ、今もヨーロッパ全土で使われています。日本にはシルクロードを経て中国から伝えられ、1400年前から使われている、日本の建築文化を支える貴重な建築材料です。
瀬戸漆喰とは?
『瀬戸漆喰』は、一般的な砂漆喰に牡蠣殻から抽出した超高濃度カルシウムイオン水を混ぜ、古くから伝わる漆喰の性能に、強度と耐久性さらに耐火性をも上げることに成功した、古くて新しい素材です。
漆喰には化学物質過敏症の主な原因とされる「ホルムアルデヒド」の吸着分解機能がある建材として注目されはじめています。また、漆喰自体、アルカリ性であ ることから、抗菌・防カビなどの効果も期待されており、シックハウス症候群になりにくい家作りには欠かせない素材です。
施工においても、一般的に使われている石膏ボードは使わず、壁の中まで空気が通る様に無垢の木材を使った『木ずり』を下地に使うことにより、体にやさしくて過ごしやすい『呼吸する家』を建てることが出来ます。
人にやさしく、環境にやさしい。

瀬戸漆喰は、“すべて国産の天然素材” だから、人にやさしく、環境にもやさしいです。漆喰は強アルカリ性で、カビがはえにくいし、ウイルスなどの殺菌効果も期待できます。ホルムアルデヒドの吸着効果など、シックハウスの原因となる物質を出さず、解体しても、すべて土にかえります。簡単に分別できるので、処分費も少なくてすみます。また、強度バツグンの壁材だからこそ、クラック防止などの工程を省略でき、コストダウンが可能です。

強度バツグン。
瀬戸漆喰は、通常の漆喰に比べて強度は約5倍。これまでにない高い圧縮強度、曲げ強度、粘度、付着度を実現しました。耐震補強にも効果的です。

オールマイティに使える。
下地から仕上げまで、内装に大活躍。色もスタイルも、あなた好みに仕上げることが可能です。伝統の日本建築にも現代住宅にも、正統派ヨーロピアンスタイルのお部屋にも、モダンアートの似合う部屋にも…..どんな場所にもどんなシーンにも… さまざまな表現が可能です。そして、施工がカンタンではやいのも特徴です。
袋から出して、オリジナルの木小舞に塗りこむだけ。固まるのが早く、工期を短縮できます。
厚い壁が作れる。

木小舞+瀬戸漆喰=30mm 以上(オリジナル木小舞 15mm に瀬戸漆喰 15mm)が可能です。通気性があり、湿気を吸ったり吐いたりと、高い調湿機能は結露対策にもうってつけです。
蓄熱効果によって夏涼しく、冬温かく過ごせます。そして、一日中安定した室温を保ちます。おだやかで快適な住環境が期待できます。 また、漆喰壁はCO2を吸いながら固まり、1mm中性化するには10年かかると言われています。壁が厚いと長い期間空気清浄効果も期待できます。

誰でも簡単にDIY.
瀬戸漆喰は、最初から練った状態で届きますので、水と少しなじませてだけで、すぐに施工することが可能です。乾きもよく、塗りやすいのでお子様でも楽しく施工することができます。ご家族で、友人たちでご一緒に瀬戸漆喰をDIYすることができます。

有限会社宮本本店
広島県尾道市向島町538-23
TEL:0848-45-1927
Copyright (C) MIYAMOTOHONTEN. All Rights Reserved.